業者選びの見分け方5選

屋根全般

屋根工事の信頼できる業者と信頼できない業者の見分けた方!【5選】

屋根工事をする上で誰でも最も悩むのが、業者選びです。

なぜなら屋根工事は高額になることもあって、絶対に工事で失敗したくないからですね!

ですがほとんどの人が、ネットなので検索して不安を抱いたまま依頼して工事をして、そして工事後も不安の人が非常に多いです。

  • この屋根工事の金額は正当なものなのだろうか?
  • 手抜き工事されていないだろうか?
  • 職人の態度が良くなかったけど大丈夫だろうか?
  • 結局あまり工事内容が理解できなかったけど、ちゃんと工事してくれているのだろうか?
  • 工事後も長持ちしてくれるのだろうか?

など、不安を言い出したらキリがないぐらい出てきますよね。

ではこの、不安を最初から解消することはできるんだろうか?ですが

できます!!

信頼できる業者には、どの業者にも共通する言葉や性格、行動が5つあります。

要は、今から紹介する5つの内容が全て満たされたと感じた業者に依頼すれば、絶対に業者選びで失敗することはありません。

この業者の見分け方の5つをこの記事では詳しく解説していきます。

【結論】信頼できる屋根業者に共通する5つの言動や行動

屋根工事イラスト

いきなり結論ですが、信頼できる業者の見分け方5つを言います。

この5つがある業者で屋根工事で失敗する!ということはまずありません。

信頼できる屋根業者に共通すること

  • 信頼できる業者は、圧倒的に説明上手【施工前】
  • よほどのことでない限り、他社の悪口を言わない【施工前】
  • 質問や疑問を完全納得させてくれる【施工前〜施工中】
  • 工事中や工事後の雨漏りを異常に気にする【施工中】
  • 職人が神経質で、マニュアル施工以外にも独自で念入りに雨漏りしないように施工する【施工中】

信頼できる業者とは、この5つが全て当てはまるということです。

逆に1つでもかけていれば信頼できない業者と決めつけても問題ありません。

ですが、この5つを見ても人によっては、ピンとこない人もいると思います。

皆さんが思う信頼できる業者とは

こんな感じの業者をいいと思ってしまう

  • 挨拶がしっかりできる
  • 感じのいい話しやすい業者
  • 周りの家に迷惑がかからないように配慮する

のような感じだと思います。

勿論これらも大事なのですが工事で失敗する!ということで見ると、実は全く別物になっています。

これには、ちゃんとした理由があるので詳しく解説していきます。

屋根工事で失敗しないためには、施工前に業者を見抜く必要がある

屋根修理

一見、好感が持てる挨拶や話しやすい!などが信頼できる業者に思われがちです。

ですが、言い方が少し悪いのですが正直、経験や技術がなくても挨拶ができる人や話しやすい人はいます。

これらが、最終的に工事を失敗しない!という理由にはならないのです。

ポイント

要は、しっかりとした経験があって技術がある人に施工してもらうことが、屋根工事で失敗しない!ということを覚えておきましょう。

信頼できる業者とできない業者の見極めは、この部分を見抜くことにあるので、決して話しやすいだけの理由で信頼できる業者と決めつけるのはかなり危険です。

kuro

屋根工事で失敗しないためには、施工前に信頼できる業者だと見抜かないといけません。

今から解説していくのは、施工前の業者の言動や行動と施工中の業者の接し方や行動の2種類に分けて説明していきます。

前半の3つは、施工前でこの3つが全て揃っているならば問題なく信頼できる業者です。

後半の2つは、工事中でさらにその信頼度を上げるものになります。

ですが、基本的に最初の3つがあれば全然問題ありません。

信頼できる業者は圧倒的に説明上手

これは全ての屋根業者に当てはまるので、信頼できる業者を探す中で最も大事なことだと理解しましょう。

まず大前提として、説明上手な職人は100%経験豊富です。

これは絶対なので覚えておくといいですよ。

ということは、必然的に説明上手な人は、ほとんどが信頼できる業者ということになります。

その理由はこんな感じです。

説明上手な理由

  • 単純にいろんなことを実際に経験してきているから
  • 経験しているということは、長年この仕事に携わっている証
  • 屋根工事の中で、お客様が理解しにくい所をわかっている
  • 今まで何回も同じ説明してきているから、説明慣れしている

になります。

実は、お客様の不意をついたような質問を全てわかりやすく解説するのは、物凄く難しいことなんです。

それこそ、経験していないと絶対に答えられませんし、まして屋根の知識0の一般の人に理解させるのは、不可能と言っても過言ではありません。

kuro

実は、ほとんどのお客様は、工事内容や見積もりなど漠然としか理解していない人がほとんどなんです。

また説明上手な人は、長年の間に同じような疑問を持ったお客様に何回も同じことを説明してきているので、説明慣れしています。

何回説明してもらっても何を言っているのか理解できないのであれば、経験が浅かったり技術が足りてない!ということになるので信頼できる業者を見極める際の重要な判断材料となります。

信頼できる業者は、他業者の悪口を言わない

信頼できる業者というのは、よほどのこと(詐欺に近い工事)以外は、他の業者の悪口を言いません。

それは、他業者が工事した箇所や内容についてもです。

他業者の悪口を言う業者は、基本的に経験や技術的に問題がある可能性大です。

悪口が信頼できる業者とどう繋がるの?っと思う人もいると思います。

その理由は以下の3つになります。

  • 批判ばかりで具体的な解決方法を説明できない
  • こんな施工はだめ!この方法でないとだめ!など全て決めつけてしまう
  • 他業者の悪口を言うことで、お客様を洗脳しようとしている

まず他業者の批判ばかりする業者は、マニュアルは知っていても何故その施工方法でないといけないのか?という具体的な理由を説明することができません。

理由を説明ができないから、他業者の批判をすることで無理矢理に共感させようとしてきます。

質問や疑問を完全納得させてくれる

信頼できる業者は、お客様の何気ない質問な疑問を納得させることができます。

例えばこのような質問です。

  • リフォームしたいけど、どこからするべき?
  • どんな屋根の形が長持ちするの?
  • 外壁塗装した方がいい?
  • 雨樋は大丈夫?
  • 瓦ってどれぐらい屋根に重量のってるの?

など、屋根に関係あるものから関係ないものまで、いろんなことをお客様は話してきます。

信頼できる業者の職人は、家についても詳しく理解しているため、大体のことは答えられます。

要は、さまざまな質問や疑問に答えられるのは、屋根以外にもいろんなことを経験しているからです。

だから説明だけでお客様を納得させることができるのです。

kuro

これは何となく分かりますよね!

信頼できる業者は、屋根だけでなく他のことも詳しいと、いろいろ聞きたくなるもんです。

これは、先ほど説明した信頼できる業者は説明上手にも繋がるとこが多いです。

工事中や工事後の雨漏りについて異常に気にする

信頼できる業者は、工事中や工事後も雨漏りについてものすごく敏感です。

それこそ工事中、業者と話す度に雨漏りについての話がでるほどです。

例えばこんな感じ。

  • 今日の工事が終わる時、入念に雨漏りしないようにシートをかけて帰る
  • 降水確率が怪しい日は、天気予報を携帯で常にチェックしている
  • 工事完了後、もし雨漏りしたらすぐに連絡して!っと念を押して言ってくる
  • 雨漏りしそうな箇所を入念にチェックして報告してくれる

信頼できる業者の特徴の一つの特徴で、『自分の工事で絶対に雨漏りはしたくない』という心情があります。

雨漏りに神経質なのは、要するに究極の職人魂になります。

ちゃんとした工事をしたいという思いが強いので、自分の工事で雨漏りした!というのは、職人にとってショックな出来事なのです。

kuro

本当に信頼できる業者は、自分の仕事に誇りを持っています。

雨漏りという失態をしてしまうことが、耐えらえない人が多いです。

要するに、雨漏りについて神経質な業者は、その家のことをちゃんと工事しようと思ってくれていることになるので、必然的に信頼できる業者ということになります。

工事のマニュアル以外にも雨漏りしないように独自のやり方で施工している

これも先ほどと似ていますが、雨漏りに神経質な人は、マニュアルの施工方法以外にもさらに独自の方法で雨漏りしないように保険をかけています。

例えばこんな感じ。

職人独自の施工方法

  • ビスや釘を打った上にコーキングする
  • 瓦など、加工している部分を水が入らないようにコーキングで塞ぐ
  • 雨漏りすると大変になるような箇所は、2重にルーフィングを貼る
  • 万が一屋根材の裏に水が回ってもちゃんと雨樋まで落ちるように、木材に切れ目入れたりして水が流れる道を作る

上記の工程は、基本各メーカーのマニュアルにはありません。

瓦の重要な箇所の一部分には、ビスの上にコーキングを指示しているマニュアルがあります。

これらは各職人が独自でやっている施工になっていて、通常のマニュアルから、さらに追加でしているものです。

kuro

絶対に雨漏りしたくないから、雨漏りしないように保険をいっぱいかけておく感じです。

通常のマニュアルでも問題はないですが、職人自身も完全に安心したいからですね。

このような工事をしてくれている時点で、問答無用で超信頼できる業者ですよね。

信頼できる業者=優秀な職人が在籍している

ということです。

屋根工事する上で信頼できる業者とは?自分の経験から解説

屋根職人

僕は、屋根職人を20年以上、5000件を超える屋根工事をしていきました。

いろいろな経験をしてきましたし、失敗もたくさんしてきました。

また他業者との繋がりや、お客様の反応も数多く見てきたので、僕のいうことは知識がない普通の人より少しは確信をついていると思っています。

kuro

僕は、信頼できる業者を完全に見極めることができます。

それは、自分自身も職人であり、実際に膨大な現場を見てきた数と業者との繋がりで失敗をしてきているからです。

また僕は、工事が終わるとお客様に、いくつかアンケートを書いてもらっています。

その1つに、お客様に『業者に求めるものは何か?』という質問を下記のグラフの項目5つから1つだけ選んでもらっています。

大体5年分のデータなので結構信頼性があるものだと思いますよ。

業者に1番求めることは何か?

データからもわかるように、お客様は納得できる説明を最も求めています。

kuro

納得できる説明をしてくれた業者は、技術も高いと思っている人が結構多い印象です。

お客様は、強がっていたとしてもやっぱり心のどこかでは、不安で仕方ないものです。

この工事が何故必要なのか? 何故この材料でこの施工方法なのか? 知識のない自分にも分かりやすく説明してくれる人をお客様は求めているのです。

このことを僕は、データと実際にお客様と接してきた経験から、理解しています。

まして工事前に業者を見極めるのであれば、業者の完全納得できる説明は最も大事な要素となります。

【まとめ】結局信頼できる業者はどうやって見分けたらいいのか

まとめ

これまで、信頼できる業者とできない業者の違いや言動などを見てきました。

ですが皆さんこのように思うと思います。

結局どーやって業者を見分けたらいいの?

だと思います。

kuro

大丈夫です!

業者を見分けるのは簡単でなので心配入りません。

そして簡単なのに、ほぼ100パーセント見分けることができます。

業者を見分けるのは、当たり前ですが施工前です。

施工中は、どちらかといえば、その精度を更に上げる的な感じと思っていもらえたらいいです。

そもそも施工中で信頼できない業者だと思ってしまったら、後悔がすごいですよね。

長年の経験から僕が導き出した見分け方は、今からいう2つのことが自分の中で感じたのならば、それは信頼できる業者にはなり得ません。

簡単なので大丈夫ですよ。

重要

  • 業者が一生懸命説明していても、いまいち理解できなかった時
  • 初見から、やたらと他業者(以前した業者の工事)の悪口を言ってきた時

この2つのどちらかを感じた瞬間に、その業者には依頼しないということです。

ですが、その際に一つだけ注意点があります。

注意点

以前に施工してもらった業者があまりにもひどい場合(詐欺的なものなど)は、業者の話が筋が通っているのか、よく話を聞く必要があります。

その時でも、結局は説明が上手で納得させてくれるのか?といことが、カギになります。

自分で業者に話しかけて探りを入れたり質問したりしなくてもいいので、誰でもできると思います。

ただ自分の心の中で2つの問題を感じてしまったなら『やめる!』だけでいいです。

屋根工事の信頼できる業者を見極めるのは、その道に携わっていないと見極めるのは不可能に近いです。

業者側は、いろんなことを言ってきますよね。

  • この商品がオススメです!
  • この材料を使わないとダメです!
  • こんな施工ではダメです!
  • 今はどの家もこのやり方です!

これらを聞くと一見、そうかも?と思ってしまいそうですが、これには全て『何故それが必要なのか?』がありません。

この『なぜ?』を説明できる業者が信頼できる業者ということなのです。

そして家によって屋根の状態が違うなかで、その家に合った『なぜ?』を説明できるのは、経験を積んでいる業者でないと説明できないのです。

これが、信頼できる業者の見分け方になります。

-屋根全般